top page > computer > haskell > web_lecture > for_programmer > boollike_spec.html
更新日:
文責: 重城良国

条件分岐をわかりにくくする

(工事中 70%)

はじめに

型クラスとは何か。それを考えるよりもまずは簡単な型クラスを作ってみよう。

真か偽か

真か偽かという問題はなかなかにやっかいな問題のようだ。各言語で真と偽の境界は異なっている。以下のブログに「まとめ」がある。

昼メシ物語: 各言語におけるtrue/falseまとめ

とくにPHPはひどいことになっている。偽になるものリストは以下のようになるらしい。

...( ゚д゚)

Haskellっていいね

if文の条件部分に置けるのはBool型の値FalseとTrueだけなのでなんの問題もない。

「わかりにくく」したい

Haskellって本当わかりやすいなぁ。あーあ、逆にわかりにくい他の言語がうらやましいっすよぉ。

わかりにくいルール

条件分岐関数iffを作ってわかりにくい条件で分岐してみる。偽となる条件を以下のようにする。

(2要素以上のタプル値は真とする)

これを使うと

iff 0 "OK! It's true." "Boo! It's false."

iff "('・ω・`)" "OK! Shoboon is true." "Boo! Shoboon is false."

のようにすることができる。

まとめ

HOOGEE

「NML(5): スタンドアロンなデコーダ、エンコーダ」へもどる 「型クラスBoolLike」へ

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics