top page > computer > haskell > web_lecture > for_programmer > bot_install.html
更新日:
文責: 重城良国

ボットを作る: Hubotのインストール

(工事中 30%)

はじめに

基本的にこの章はHubotをすでにインストールして使っている人向けだ。いちおうHubotのインストールについても触れる。Node.jsやnpmは適切にインストールされているものとする。そうでないなら「ボットを作る」の章はとばそう。

インストール

npm install -g hubot hubot-slack yo generator-hubot coffee-script

ひな形の作成

% mkdir hellobot
% cd hellobot
% yo hubot

テスト用のスクリプト

scriptsディレクトリ下に以下のスクリプトを作成する。

vi scripts/helloworld.coffee
module.exports = (root) ->
robot.hear /HELLO$/i, (msg) ->
msg.send "world"

動作確認

% ./bin/hubot

エラーメッセージが出るがエンターキーを押す。

Hubot> hello
Hubot> world
exit

Slackと連携する

SlackのIntegrationページでHubotとの連携を設定する。HUBOT_SLACK_TOKENをメモしておこう。

% HUBOT_SLACK_TOKEN=xxxxxxxxxx HUBOT_SLACK_TEAM=xxxx HUBOT_SLACK_BOTNAME=hubot bin/hubot --adapter slack

Slackで

hello

とするとHubotが

world

と答えてくれるはずだ。

まとめ

SlackからHubotを走らせてみた。

「ボットを作る: はじめに」へもどる 「ワンライナー」へ

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics