top page > computer > haskell > web_lecture > for_programmer > deriving.html
更新日:
文責: 重城良国

構文: deriving

(工事中 70%)

決まりきった

型クラスのなかには新しい型を定義したときに自動的にそのインスタンスにすることができるものがある。これらはだいたいにおいて決まりきったコードになるからだ。以下がそのリストだ。

Eq, Ord, Bounded, Enum, Show, Read, Ix

Ixは配列のキーにするための型クラスである。配列については今のところは学ばないので忘れよう。型クラスRead以外は詳細を学んだ。型クラスReadは型クラスShowの逆と考えればいい。Stringからその型への変換を行う。型を定義するときにderivingに続けてこれらの型クラス名のリストを続けてやれば「よきにはから」ってくれる。ドリンクのサイズについては以下のようにすれば今までのインスタンス宣言はすべて不要となる。

data Size = Short | Tall | Grande | Venti
deriving (Eq, Ord, Bounded, Enum, Show, Read)

「型クラス: Enum」へもどる 「型クラス: Num」へ

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics