top page > computer > haskell > web_lecture > for_programmer > fst_snd.html
更新日:
文責: 重城良国

関数fst, snd

2要素タプル

Haskell 2010の6.1.4ではすくなくとも15要素タプルまでは保証されている。

Haskell 2010: Predefined Types and Classes

GHCでは100要素タプルまで使える。

GHC User's Guide: 13.1.1.7.

よく使われるのは2要素タプルだ。よって2要素タプルには特別な関数が用意されている。

要素の取り出し

タプルの要素はパターンマッチによってとりだせる。

% ghci
Prelude> (\(f, _) -> f) (28, "hello")
28
Prelude> (\(_, s) -> s) (28, "hello")
"hello"

より簡単にとりだせる関数fst, sndが定義されている。

Prelude> fst (28, "hello")
28
Prelude> snd (28, "hello")
"hello"

課題

  1. タプルの第1要素、第2要素をとりだすmyFst, mySndを定義せよ

「構文: if式」へもどる 「構文: 型シノニム」へ

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics