top page > computer > haskell > web_lecture > for_programmer > iomcn_summary.html
更新日:
文責: 重城良国

IOMcn型: まとめ

(工事中 60%)

一般の言語では

一般の言語では関数の評価のタイミングで入出力動作を行い、入力値は関数の返り値としてうけとる。

参照透過性と遅延評価

関数の返り値として入力値を扱うと参照透過ではなくなる。また関数の評価のタイミングで入出力動作を行うと評価の順序がコードの意味に影響をおよぼしてしまう。

IOを行う機械

機械を組み立てていき最終的な評価結果が「機械」であるようにする。その「機械」は評価と独立した機構で「実行」されると考えることができる。機械は入力と出力の型がそれぞれ決められていて

IOMcn a b

のような型となる。機械に期待される機能をすべて実現するために

(>>>) :: IOMcn a b -> IOMcn b c -> IOMcn a c
arr :: (a -> b) -> IOMcn a b
app :: IOMcn (IOMcn a b, a) b

のみっつのインターフェースがあればいい。

「IOMcn型: 秒針の偶奇であいさつを変える」へもどる 「IO型」へ

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics