top page > computer > haskell > web_lecture > for_programmer > nsc_prelude.html
更新日:
文責: 重城良国

Nano Scheme: はじめに

(工事中 30%)

どうしてこの題材を?

書きこみのみを入力とし、それ以外の入力値を使わないと、なかなかおもしろい題材がない。「ランダム値」さえある種の入力だ。schemeっぽい言語の処理系であれば多少はおもしろいかと考えた。

どの程度まで

整数のみを扱う。浮動小数点数や文字列は扱わない。再帰的な関数定義はできるようにする。階乗の計算ができる程度までの実装だ。

スコープは静的スコープではなく動的スコープにすることでコードを簡略化する。最近の言語のほとんどは静的スコープを採用している。動的スコープを採用している言語で有名なものはEmacs Lispだ。

関数のなかから外側の環境の変数の値は変えられないものとする。

「ボットを作る: ワンライナー」へもどる 「Maybe型の演算」へ

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics