top page > computer > haskell > web_lecture > for_programmer > type_summary.html
更新日:
文責: 重城良国

まとめ: 型

型とは何か

型は

を示す。

Bool
Char
Integer

試してみる

Prelude> :t True
True :: Bool
Prelude> :t 'c'
'c' :: Char

関数の型

関数も値なので型がある。関数の型は引数の型と返り値の型から成る。

書式

[引数の型] -> [返り値の型]

多引数関数

多引数関数に見えるものは関数を返す関数だ。

[引数1の型] -> ([引数2の型] -> [返り値の型])

->は右結合なので丸括弧は省略できる。

[引数1の型] -> [引数2の型] -> [返り値の型]

Char -> Bool

Char -> Integer -> Bool

試してみる

Prelude> :m Data.Char
Prelude Data.Char> :t isDigit
Char -> Bool

型宣言

書式

[変数], [変数], ... :: [型]

num1, num2 :: Integer

fun :: Char -> Integer -> Bool

型注釈

多相的な値は型注釈で型を決められる。

書式

[値] :: [型]

8 :: Integer

8 :: Double

試してみる

Data.Char> 8 :: Integer
8
Data.Char> :t it
it :: Integer
Data.Char> 8 :: Double
8.0
Data.Char> :t it
it :: Double

モジュールの読み込み

書式

import [モジュール名]

import [モジュール名] ([インポートリスト])

import qualified [モジュール名] as [別名]

使い捨てのコード以外ではインポートリストを明示するか修飾名を使う。

まとめ

型宣言、型注釈の書式、モジュールの読み込みを学んだ。

「関数」へもどる 「多相関数」へ

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics