top page > culture > books > computer > funprgprc
更新日:
文責: 重城良国

関数プログラミング実践入門

この本の目的

この本の目的は

について考察する。

この本が売れた理由

この本が売れた理由、読者がこの本のどこを評価したのかを考察する。

Amazonの書評

Amazon: 関数プログラミング実践入門

その他の書評

技術評論社による紹介: 関数プログラミング実践入門

著者のブログ: 関数プログラミング実践入門という本を書きました

西見氏のブログ: 「関数プログラミング実践入門」を読みました

Labo Memo: 「関数プログラミング実践入門」を読みました

olambdasawa: 「関数プログラミング実践入門」を読んだ

Haskellを採用すると、バグが格段に減り、...

関数型プログラミング入門本を聞いてみた

章ごとに

前書き

第0章 [入門]関数プログラミング

0.1 関数プログラミング、その前に

関数プログラミングによってコードがどのように改善されるかが書かれている。

0.2 関数とは何か?

「関数」「手続き」「副作用」「状態」について

0.3 関数プログラミングとは何か?

「関数プログラミングとはプログラムを合成された関数と見るパラダイムである」

0.4 関数型言語とは?

第一級関数と、参照透過性の一部(再代入禁止)を扱っている。

0.5 関数型言語の特徴的な機能

主に静的型付と動的型付の話。純粋性(参照等価性)の説明もすこしある。

0.6 なぜ今関数型言語なのか?

抽象化、最適化、並行/並列プログラミングについて書かれている。

0.7 関数型言語と関数プログラミングの関係

関数型言語では言語側で用意された制約があるため関数プログラミングがしやすい。

0.8 関数型言語の歴史

1930年代のラムダ計算から現在までの主な関数型言語の列挙。もとからある制約、追加可能な制約を増やしていく方向での言語の進化を予想。安全性などの面から関数型言語の普及を予想。

0.9 関数型言語を採用するメリット

宣言的、制約(参照透過性)、型検査、型推論

0.10 本書で取り上げる関数型言語

環境の構築とGHCiの導入。

0.11 まとめ

Haskellを理解すれば他の関数型言語を学ぶことは難しくない。

第1章 [比較で見えてくる]関数プログラミング

いろいろなテーマで他のいくつかの言語とHaskellのコードとを比較している。

1.1 座標変換

1.2 Null considered harmful

1.3 素数を数える

1.4 構造化データの取り扱い

1.5 文字列のエスケープ

1.6 まとめ

第2章 型と値

第3章 関数

第4章 評価戦略

第5章 モナド

第6章 オススメの開発/設計テクニック

第7章 Haskellによるプロダクト開発への道

A.1 関数型言語が使えるプログラミングコンテストサイト

A.2 読んでおきたい参考図書

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics