top page > philosophy > advaitavada
更新日:
文責: 重城良国

不二一元論

これは何か

「これは何か」という問いがある。究極の問いとして「なぜ何もないのではなく、何かがあるのか」という問いがある。逆に言えば、疑いようのない命題として「何かがある」がある。

「我思うゆえに我あり」は疑えない命題ではない。「我思うゆえに我あり」と言うためには ...

「何かある」のみにとどまるということ自体が、言葉で表現することのできない豊かさである。その証拠は少数の人によって示されている。彼らや彼らの言うことについて考察していこうかと思う。

聖者たち

いろいろな断片

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics