top page > philosophy > advaitavada > nisargadatta
更新日:
文責: 重城良国

ニサルガダッタ・マハラジ

ニサルガダッタ・マハラジについて

生没年: 1897 - 1981

インドにて小さな店の店主をしていた。結婚していて1人の息子と3人の娘がいる。中年期までは大した出来事もなく、ごく普通の生活を送っていた。ある日、彼は友人につれられて、シッダラメシュヴァール・マハラジのもとを訪ねた。「私はある」という感覚に集中するように指導を受け、それを続けた。3年後、彼の「個人的自我」は消え去り、すべてがひとつであったということに気づいた。

書籍「I AM THAT」

抜粋

教えの断片

参考文献: 「アイ・アム・ザット」 ISBN: 978-4-931449-70-1, 「I AM THAT」 ISBN: 978-0-89386-046-2

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics