top page > social > economy > immovables
更新日:
文責: 重城良国

不動産

(工事中 1%)

土地から探して家を作るという場合、「土地探し」と「家づくり」という2つの作業が必要になるのだが、両者において必要な心がまえや作業の性質は大きく異なる。いろいろと制約があって難しいかもしれないが、必要な心の態度が大きく異なるので、できたら「土地探し」と「家づくり」とは同時ではなく、別々に行いたいものだ。

「土地探し」において必要な態度は「忍耐」と「覚悟」だ。また「知識」「直観」「情報収拾力」「対話力」等も必要となる。どういう条件があるのか、どこは譲歩できず、どこは妥協可能か。そういった要望を正確に伝え、状況に応じて柔軟に変更する。焦ってはいけない。ただし、希望を満たす土地が出たら、迅速に行動する。焦ってまちがった判断をしてはならない。しかし、良いものが出たらすぐに手をつける必要もある。

「家づくり」において必要な態度は上記とはまったく異なる。このフェーズで必要になるのは、職人的な「こだわり」と「妥協」だ。大まかな決定を下し、そこから細部に対して小さな変更を積み上げていく。納得するまで時間をかけてつめていくという作業が必要だ。

このように大きく異なる心理的な態度を必要とする「土地探し」と「家づくり」を短い期間で立て続けに行うことはとても難しいことだ。

ここではそんな「土地探し」と「家づくり」について気づいたことを書いていく予定だ。

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics