top page > social > economy > stock > principle.html
更新日:
文責: 重城良国

株でお金を増やすには

ギャンブル的に

アメリカンドリーム

思考実験をしてみよう。100万円ある。これを1億円とか10億円とかにしたい。無一文になってもいいし、何なら巨額の借金を背負い込んでもいい。信用取引でぽっと出の名もない会社の株を1000万円ほど買えば良い。1000分の1くらいの確率でその会社の株は10倍以上になる。100分の1くらいの確率でその会社は倒産する。このやりかたで、1000人がチャレンジすれば1人は100万円を1億円にすることができる。そして10人くらいは900万円の借金を負う。

搾取という方法

ギャンブル的にお金を増やすもうひとつのやりかたがある。その相場における最大勢力になるということだ。つまり、その相場においてはほとんど無限大と言えるくらいの資金を持てば良い。そして1万円で買い2万円になったら売るというのをくりかえす。もしも1万円が0円になってしまったら次は2万円で買い4万円で売る。それも負けたら次は4万円で買い8万円で売る。それをくりかえすと勝ったときには1万円のもうけが出る。

ギャンブルというものは数学的に見て、巨大な者が小さな者の富を吸い取っていくという仕組みである。もし、あなたが巨万の富を持っていればこのやりかたは理にかなったやりかただ。

知識を利用して

インサイダー取引

もし、あなたがフェアプレー精神というものを馬鹿にしていて、しかも、刑務所に入ることをそんなに恐れないならば、そして、大きな会社にいて、大きな事件を知ることのできる立場ならば、インサイダー取引というものがひとつの方法になるだろう。自分の会社が今度新製品を発表するとしたら、友達に頼んで自分の会社の株を買えるだけ買おう。もし自分の会社が、表向きは立派でも、明日倒産すると知ったら、友達に頼んで自分の会社の株をできる限り空売りしよう。バレなければ大金持ちになれる。バレたら服役だ。

フェアプレー精神で

業績を上げるであろう会社の株を買ったとしてもお金を増やすことはできない。何故なら、あなたが「業績が上がる」と思っている会社の株価は、相応にすでに値が上がっているだろうからだ。

株式で「ギャンブル的に」ではなくお金を増やすためには、上記のインサイダー取引的な条件を作ってやる必要がある。つまり「自分だけが知っている価値」のある会社の株を買えば良い。もちろん「自分だけ」というのは難しいが、「自分を含む少数の人間」が知っている株ということだ。しかし、たとえ「少数」であってもその「少数」のなかに、富豪やプロのトレーダーが含まれていてはだめだ。彼らは人数としては少数であっても株取引における存在としては多数となる。

「自分だけが知っている価値」を指標にして株を買うということ。もちろん、損することも得することもあるだろう。しかし、もしも「自分だけが知っている価値」が本物であれば、期待値的にはお金は増えていくだろう。

僕が他の多数の人間よりも良く知っているのはIT技術である。そこで僕は「この会社は有望」と思える株を5万円分だけ買った。1ヶ月くらいになるだろうか。今のところ含み益が1500円以上出ている。なかなか優秀かと思う。

「株取引」へもどる

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics