top page > who > education.html
更新日:
文責: 重城良国

教育

Haskellで世界を変えよう。もっと、ずっと、わくわくする世界にしたい。Haskellの魅力を、コーディングの喜びを、層化された抽象の美しさを、みんなに伝えたい。それを仕事にしたい。

作ることの喜びを教えたい。使うことの喜びを与えたい。Haskellで書かれたコードが、共有され、その美しさが詩のように評価され、その機能が愛され、可能性が追求されていく。そんな未来を夢見ている。

誰にも邪魔されずにコーディングに没頭できるように、僕の求める美しいコードを追究し続けられるように、僕は教育によって世界を変えたい。

コーディングの喜びを知った者は邪悪になることはない。その魅力を知った者は協力の心を持つはずだ。自分のコードが誰かを助け、誰かのコードが自分を助ける。そのなかに、理想の世界があるのではなかろうか。

知的快楽のなかには、精神的な宝石が光る。人に対する残酷さはその光のなかに消える。美しさを知った人間は決して残酷にはならない。

正当なCSSです! HTML5 Powered with CSS3 / styling, and Semantics